www.mustacheattack.com

普通の初心者用の外国為替証拠金取引の雑誌では、「損失が生じた場合はナンピン買いによって、ポジションの買い付けコストを抑える」等と述べられている事もありますが、現実的にはそれには引っ掛けが隠れています。まず最初に、ナンピンの仕組みについて手短に記述しておきます。一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いのためドル高になるほど利益を得られますが、逆に1ドルが95円まで円高ドル安に向ってしまったとします。その状況でポジションを維持し続けたら、損失が回復するまでには損した分ドル高に動かなければなりません。損は早めに無くしたいと思うでしょう。この状況を打破するため最初に買ったのと同じだけのドルを1ドル95円でエントリーします。そうすると、ポジションの買い付けコストは1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。言い換えると、2.50円の幅で円安が進むと損失を回復できます。それが、ナンピン買いの方法です。このような、ナンピン買いの方法を聞くと「納得だ」と思ったりするが簡単には思い通りにはいきません。元々、95円より下がらないとは誰もわからないのである。仮定として、相場がドル安の流れだとすると、1ドル95円ではとまらず、更に一段の円高ドル安に向う確率があります。たとえば、1ドル97.50円でナンピンをしたにもかかわらず、1ドル=95円までドル安が速んだらナンピン買いを入れたポジションも、マイナスが生じてしまいます。そういう状況では最初に保有したポジションと全部で、倍のマイナスが生まれる事になります。このように、ナンピンは難しいです。では、外国為替市場が己の台本とは逆にさっさと進んでしまった場合、どのような対応で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。ここで選ぶべき術は2つ。ひとつめは潔くあきらめてポジションを諦める事です。もうひとつの方法としてはその段階で、あなたが保有している買いポジションを減らす事で、もう一回外国為替市場がリカバリするのを大人しく待機する事だけです。ずいぶん後ろ向きなやり方だとみる人もいるkもしれません。けれども、持っているポジションに損失が生まれた時、有効な対策はそれ以外にはありえません。当然、考え方としてはナンピンをするという術もあると思います。だけどナンピン買いは、自分自身がマイナスになっている場面で、ポジションを減らすどころか買いポジションを積んでいく考え方です。それでは、危険を避けることなど、とても不可能だと考えるべきです。ナンピン買いを続ければいつの日にか損失が回復するかもしれません。だが、それ以前にお金は足りなくなってしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.mustacheattack.com All Rights Reserved.